こもれびチャンネル1ch:地域情報チャンネル

※掲載されている写真は、個人情報保護法に基づき許可を得て掲載されています。

カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
アーカイブ
カテゴリー
携帯QRコード
qrcode
<< 第二仙塩サテライト | main | 第二仙塩サテライト工事状況 >>
巣鴨にて
 暑い日が続きますネ…

昨日・一昨日と町田〜巣鴨まで出張に行かせていただきました。

今日は巣鴨リポートをお届けします。

 

巣鴨といえば有名なのが

「お年寄りの原宿」「とげぬき地蔵尊」「洗い観音」「地蔵通り商店街」です。


「地蔵通り商店街」は長さおよそ800メートルに渡る商店街。加盟している商店数は198店舗。とげぬき地蔵尊縁日(毎月4日・14日・24日開催。4のつく日はお地蔵さんの日なんですって)には片側に200近くの露天商やフリーマーケットが立ち並びます。「ぶらり・お参り・ゆったり・巣鴨」がテーマの巣鴨。人々の安らぎ空間であるとともに、生活空間としても日々活況にあふれた商店街です。

さて、今回はこの商店街にスポットを当てリポートします。

 

●まずは記念撮影。(どこを見ているハナオ…)



●皆さん煙をあびて無病息災を祈っています。


●洗い観音。観音様に水をかけ自分の悪いところを洗うと治ると言われています。 



●水子供養のためのお供え用のお団子です。



●お地蔵様にちなんだ飲食店です。お蕎麦・おせんべい・うなぎ??

八目うなぎの専門店のようでした。震災の影響か八目うなぎの入荷は無いようですが、常に長蛇の列でした。暑いから精がつくものを皆さん食べたいんでしょうね。美味しそうです。おせんべいはわざと砕いて食べやすくした後にしょうゆを塗りなおしています。心遣いですね。



●お線香やさん。種類が豊富です。こんなにあるんですね。



●靴屋さんです。凄い数の靴ですね。種類が豊富。お値段豊富。この陳列がお店の中にもあります!!!このような専門店が何店舗もあるのですから驚きです。お値段はさまざまですが3,000円から5,000円くらいでした。



●帽子専門店です。店先に杖も置かれています。写真はありませんが、「傘屋」の店先にも杖が陳列されていました。



●シルバーカー・杖の専門店です。「ここで選んで買ってそのままお参りに行く女性が多いよ」
とのお話でした。ご両親のお土産用に購入する方もいるとか…




●「赤 赤 赤… 赤パン・赤靴下・赤タオル。」
シニア向けの下着はもちろん、若者向けのトランクス(ブラック・レッドのツートン)もあります。「勝負の時には赤パン!!」のキャッチコピーが。受験生の息子に買っていく親御さんが多いそうです。



●通りの止まり木で少し休憩しているご婦人方。若い男性の取材に応じています。


●ペインクリニックです。身体・心の痛みの緩和を目的としています。



●「とげぬき生活相談所」です。「人の心にささった棘を取り除こう」と、法律・教育・人生・家庭…などの悩みごとや相談に無料で応じています。*相談日は毎週月・水・金曜日と毎月の縁日開催日でした。



と…数え上げればキリが無いくらいのお店の数。そして、途絶えることのない人・人・人…
「巣鴨に行く、話す、買う、ちょっと巣鴨まで♪」巣鴨は人を呼び寄せるコミュニティのかたまりでした。

 

以上レポートを終わります。

 

ハナオ エキ

 

| - | 07:27 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
写真入りの素敵なレポートですね!

私も祖母を連れて行ってみたいな〜。
シルバーカーや杖のお店は、個人に合った物を勧めてくれる専門知識を持った店員さんはいらっしゃるんでしょうか?

ホームセンターやショッピンングモールで適当に買って来たら合わなかった・・・という話をよく聞くので気になっちゃいました。
| すー | 2011/07/13 12:07 PM |
「すーさん」コメント有難うございました。
ちなみにお店の店員はご高齢のご夫婦でした。
ただ、お店のラインナップは豊富でしたので一人一人に合わせた商品のご提案には自信がありそうでしたよ。
でも、すーさんのほうが知識は豊富だと思います。よ。

私もできれば祖母を連れて行きたいと思いました。



| はなお | 2011/07/15 5:23 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://forest-chiiki.jugem.jp/trackback/200
トラックバック
SEARCH THIS SITE.
記事
最近のコメント
リンク
OTHERS